看護師の毎日を素晴らしくしたいあなたへ

アウサムナース

美容と健康

バストトップの黒ずみクリーム美容外科ではどんなのが出されるの?

この記事は、美容外科に3年間勤めた美容に詳しい看護師が書いています。

私のプロフィール

 

 

バストトップの黒ずみの原因は、下着との摩擦、乾燥、授乳による刺激、
ホルモンバランスの乱れなどありますが、一度黒ずんでしまったらすぐに、
薄くするのも難しいと思います。

なので、深い悩みとなっている方も多いと思います。

そんな方のために、美容外科に行ったらどのような黒ずみクリームが
出されるかについて書いていきます。

 

バストトップの黒ずみクリーム美容外科ではどんなのが出されるの?

美容外科で出されるバストトップの黒ずみクリームは、治療薬としての軟膏が
出されます。

2種類出され、一緒に使うことが多いです。

1・トレチノイン軟膏

ビタミンA誘導体クリームです。

肌のターンオーバー(新陳代謝)を早め、表皮の深い層に存在している
メラニン色素を外に押し出します。

角質を剝がすピーリング作用があります。

2.ハイドロキノン軟膏

メラニン色素の合成を阻止する(チロシナーゼ)を弱らせ、メラノサイトの
働きを抑えてシミを薄くします。

 

まず、トレチノイン軟膏で肌のターンオーバーを活性化させ、次にハイドロキノン
軟膏でメラノサイトを漂白し、黒ずみを薄くします。

使い始めてから効果が表れるのに平均2,3ヶ月です。

 

料金

トレチノイン軟膏0,025% 1,800円(3g) 6,000円(10g)

トレチノイン軟膏0,05%  1,800円(3g) 6,000円(10g)

トレチノイン軟膏0,1%  2,400円(3g)  8,000円(10g)

トレチノイン軟膏0,2%  3,000円(3g) 1,0000円(10g)

 

5%ハイドロキノン軟膏  3g 1,200円

10g 4,000円

明治通りクリニックHP料金表、参照]

 

レーザーによる治療

黒ずみがひどい時は、レーザー治療を行うことがあります。

ピコレーザー照射を行っている所が多いです。

ピコレーザーは、1兆分の1秒(ピコ秒)の照射時間でメラニン色素の粒子を
細かく破壊して黒ずみを除去します。

黒ずみが気になる部分にレーザーを当てると、1週間位して日焼けした後の
皮膚のように薄皮がぽろぽろ取れてきます。

新しい皮膚が出来て、かさぶたがはがれると薄いベージュの色になります。

1回の照射でも効果があります。

ガーデンクリニックでの通常料金は

1回両側で120,000円です。

 

最初は、自分で治したい方へ

美容外科は、まだまだ男の先生が多かったりで、診察に行くのも躊躇して
しまうと思います。

保険もきかず料金も高いです。

そんな時は、通販で購入できる黒ずみクリームを試してみるのもよいと
思います。

@コスメの口コミで評判の良いピンキシュボーテは、人気の商品です。

 

ピンキッシュボーテ


美容外科でもらう軟膏も効果が出るのは、平均2,3ヶ月と言われています。

ピンキシュボーテの口コミを見ても2,3ヶ月位で効果を感じている方が多いので
期間的には、変わりがないようです。

それなら、先ずはピンキシュボーテを試してみるのもよいかと思います。

ピンキシュボーテは、初回0円で試せるので損はないと思います。

 


 


ピンキッシュボーテ口コミの記事

 

 

 

 

 

-美容と健康

Copyright© アウサムナース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.