看護師の毎日を素晴らしくしたいあなたへ

アウサムナース

働き方

看護師自信喪失から回復しない根本原因と解決方法

仕事でミスをしてしまった。

何度やっても覚えられない。

先輩に怒られてばかり...

同期と比べても劣っている。

 

そんな時は、自信を失ってしまいますよね。

そして、看護師が向いていないのではないかと思う方もいると
思います。

私も看護師2年目の時、先輩に「とろいわね、どいて。」
と言われて自信をなくしたことがありました。

一度、自信をなくすと、なかなか自身がつくところまで
回復できないことがあります。

経験をつむことで自信がついてくることもありますが
自分のできなかったことから自分のすべてに自信がなくなって
しまうことがあります。

自分は、できない、何をやってもだめな人間と思い、自己否定
してしまうことがあります。

 

自信喪失から回復しない根本原因

自信喪失から回復しない原因は、自己否定してしまっているため
です。

自己否定してしまう根本の原因

自己否定してしまう根本の原因は、自分の潜在意識の記憶の部分に
かかわってきます。

それは、幼少期のトラウマが原因となっています。

自己否定してしまうトラウマの原因は、幼少期に親からほめられたこと
が無かったり、否定的なことを言われた経験がある場合が多いのです。

例えば、姉妹と比べて、「おねえちゃんは、できるのにあなたは、なんで
できないの?」とか「他の友達は、成績がいいのにあなただけ悪くて
恥ずかしいわ。」

などできる人と比べられて否定的なことを言われていることが多いのです。

幼い頃に親に否定され、傷ついたことがトラウマになって自信がもてない
性格になります。

 

自信喪失を回復させる解決方法

自信をつけるために、自己否定を消していく方法をお伝えします。

インナーチャイルドを癒す

インナーチャイルド(内なる子ども)は、私たちの幼い頃の自分のイメージです。

楽しい思い出よりも、主に嫌な思い出を抱えている過去のイメージで
大人になるにつれて忘れ去られ、心の中にポツリと残されてしまった
自分の幼い頃の姿のことです。

インナーチャイルドは、トラウマを背負って私たちの潜在意識の中に
存在しています。

インナーチャイルドがいない人はいません。

私たちは、過去になんらかの心の傷をもっているので、
その心の傷がインナーチャイルドの中に、しこりとなって
残っていると考えていいと思います。

そして、インナーチャイルドが抱えた心の傷は、潜在意識の中に
深く入り込み、自分の気がつかないところで、ネガティブな思考
や行動パターンを築き上げてしまいます。

では、どうすれば自己否定ばかりしてしまうネガティブ回路から
ポジティブ回路に変換できるかというと、インナーチャイルド
を徹底して癒すことに尽きます。

〔引用:ゆほびか2011年6月号〕

 

インナーチャイルドを癒すやり方

1.インナーチャイルドの存在を認識する

インナーチャイルドは、忘れられている存在なので、「存在している」
ということに気づいてあげなくてはいけません。

今までは、あなたに、自分の存在を認識してほしいために、泣きじゃくったり
怒ったり大暴れしているインナーチャイルドもいます。

しかし、インナーチャイルドの存在に気づくと、おとなしくなります。

 

2.インナーチャイルドに優しく話しかける

インナーチャイルドの傷を癒すために、あなたから優しく話しかけ
ましょう。

インナーチャイルドが癒されると、あなたの気持ちは、平穏で幸せに
なり、ちょっとしたことでイライラしたり、人目を気にすることが
なくなります。

 

私が行っている方法

自分が親から一番、否定的なことを言われた年の自分の姿を思い出します。

私は、弟と比べられ、ほめられたことが一度もないので、小学校1年生位
の時の姿を思い出します。

そうすると、一人ぽつんと座っていて悲しい顔をしている姿が、勝手に
浮かんできます。

その時の自分に、「さみしいんだね、もう大丈夫だよ」と声をかけたり
抱きしめたりするイメージを思い浮かべます。

それに加えて、その時の親のことを思い出します。

親は親で、その時できることを精一杯やっていたんだと思って
その時の親にも感謝します。

その時の親に対しても、一生懸命がんばっていたんだなと思って
感謝するようにしたら少しづつ否定的な感情がよくなったような
気がします。

 

ネガティブな思考の癖を直す

「どうせ自分は、何をやってもできない」「~が痛いけれど悪い病気ではないか?」
など何でもネガティブに考えてしまう人は、そのように考える癖になっている
ことがあります。

ネガティブな思考が浮かんで来たらこの思考に向けて「今までありがとう。
バイバイ。」と言って感謝して手放していきます。

そうしていくうちにネガティブ思考の癖がとれていくと思います。

また、意識がネガティブな方向に行ったら、ネガティブから意識を
そらすのに特定の色の物を数えたり、今、今、今と言って「今ここ」
を意識するとよいです。

普段から深呼吸したり、瞑想を行うこともよいと思います。

 

今いる職場の人間関係などが原因で、自信を失ってしまったら
転職を視野に入れてもよいかもしれません。

環境を変えて、楽しく働けるのが何よりだと思います。

 

転職したい方は、こちらの記事を参考にしてください。

看護師転職いい病院が見つかる転職サイト。今すぐ転職したい方へ

 

 

人気記事:看護師のんびり働けた職場5か所とのんびり働いて得られた幸せは?

 

 

 

 

-働き方

Copyright© アウサムナース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.