看護師の毎日を素晴らしくしたいあなたへ

アウサムナース

働き方

看護師採血が苦手ですが健診センターの仕事できますか?

 

先日、後輩と話をしていて健診センターに転職を希望しているが、採血が苦手だけど
勤まりますかね?という相談を受けました。

後輩は、病棟にしか勤めたことがなく、たまにある採血も失敗しやすいと
言っていました。

採血が苦手でも健診センターで働ける?

私も病棟での採血は、時々苦戦しましたが健診での採血は失敗するということは
ありませんでした。

なぜなら健診に来られる方たちは、病人ではなく健康な方なので血管もよく出て
見えやすく、とても採血がしやすい方ばかりです。

中には脂肪が多くて血管が奥の方にあり隠れていて難しいケースもありますが
そういうケースは少なくてほとんど簡単に採血できました。

病棟では、高齢で病気の方の採血は、血管がでなくて困ることが
よくありますよね。

でもそのような方は、健診にはいらっしゃらないので心配しなくて
よいと思います。

また、病棟で血管のでない方の採血を苦労してやってきたのであれば
健診センターでの採血は、楽勝だと思います。

健診センターの採血時、血管のでない人にあたったら

健診の時にたまにいらっしゃる血管のみえない方の場合も、病棟で行っている
のと同じように温めたりさすったりして、血管を浮きだたせる事が大切です。
血管が見えたら採血を行いますが、自信のない場合は翼状針を使うと
失敗せずに出来ると思います。

採血が苦手と思っている方へ

1度採血で失敗してしまったことがトラウマとなって採血が苦手と思いこんでいる
看護師もいますが、場数を踏んでいけば得意に変わっていきます。

なので恐れることなく「いつも上手くいく」と心に唱えて堂々と行ってください。

 

健診センターの仕事は何をやるの?

身長、体重、腹囲などの計測

血圧測定

視力、聴力、眼圧測定

心電図

採血、診察介助

内視鏡をやる場合は介助

婦人科検診の介助

などがあります。

担当は、その日ごとだったり1週間単位の交代制だったり健診センター
によって異なります。

また、採血専門のパートの看護師が多くいる所もあります。

採血専門の看護師は、採血業務が終わると帰れます。

健診そのものは、午前中で終わることが多いので午後からゆったりできて
気分的に楽なことも多いです。

 

まとめ

 

採血が苦手と思っていても健診センターの仕事は、問題ないと思います。

健診センターで採血の数をこなすことで、腕が向上していくことでしょう。

短期単発の採血の仕事の場合は、採血だけですが、健診センターの仕事は、
採血以外に色々あるのでそんなに不安にならなくても大丈夫です。

私は、派遣の仕事で健診の採血をたくさん経験しました。

健康な人を相手にするので、楽しく仕事をする事ができました。

 

高時給の派遣をお探しの方は看護のお仕事派遣がお勧めです。



 

人気記事看護師転職サイトの選び方。共通する4つの特徴とおすすめ3選

 

 

 

-働き方

Copyright© アウサムナース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.