看護師の毎日を素晴らしくしたいあなたへ

アウサムナース

美容と健康

茶クマ、青クマ、黒クマの違いと治療法

この記事は、美容外科に3年間勤めた美容に詳しい看護師が書いています。

目の下のクマが目立つと人に見られるのが気になり、ゆううつになりますよね。

クマには、色によって茶クマ、青クマ、黒クマに分類されています。

これらの違いと治療法についてお伝えします。

 

茶クマ、青クマ、黒クマの違いと治療法

茶クマ

茶クマとは、目の下の皮膚が茶色く見え、メラニン色素が沈着している
状態をいいます。

 

原因

紫外線や、メイクをふき取るときなどの摩擦により、色素沈着を
起こすことが原因です。

 

治療法

皮膚をこすらないようにする。

ビタミンC誘導体配合のアイクリームを塗る。

ビタミンC誘導体配合のアイクリームには、アイキララが
あります。

アイキララ

トラネキサム酸の内服。(シミのもとであるメラニン色素や炎症
を抑える効果)

ハイドロキノンクリームの外用。

レーザー治療。

 

青クマ

目の下の皮膚が青っぽく見える状態です。

 

原因

まぶたの血行不良

まぶたは、もともと皮膚が薄く、毛細血管が多いため血行不良
になると色が透けて、青っぽく見えます。

血行不良の原因

睡眠不足、疲労、パソコンやスマホの見過ぎによる眼精疲労

冷え、ストレス

 

治療法

リンパマッサージ

ヘパリン類似物質クリーム(ヒルドイド)クリームの塗布

培養上清液(成長因子)注入

 

黒クマ

目の下のたるみにより影ができた時に黒く見える状態。

原因

加齢により皮膚や筋肉(眼輪筋)がたるんだり、目の下の脂肪
(眼窩脂肪)が増加して影ができる。

ダイエットにより脂肪がとれてくぼんでしまい、影になる。

 

治療法

くぼみをうめるためにヒアルロン酸を注入する。

脂肪によるクマの場合は、脂肪を除去する施術を行う。

 

 

 

関連記事:アイキララ、茶クマがひどい看護師が使った効果。明るくする3つの成分とは?

 

人気記事:シミウスジェルの効果。30~59才女性75人が12週間使った効果は?

 

 

 

 

 

 

-美容と健康

Copyright© アウサムナース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.